ビューティーオープナーの使い方・より効果的な使い方と注意点

ビューティーオープナーは、卵殻膜エキスの美容液ということですが、通常の美容液とは少し使い方が異なります。

どのタイミングでどんな風に使えば良いのかを、詳しく見ていきましょう。

ビューティーオープナーの使い方

ビューティーオープナー

洗顔後、顔に残った水滴を拭き取り、ビューティーオープナーを手のひらに1~3滴とります。乾燥が気になる人はもう少し多めの1円玉硬貨大をとりましょう。

画像のよに、顔の下から上へ中心から外側へとこすらずやさしくなじませていきましょう。

ハリ不足やくすみ、乾燥などが気になる部分には重ね付けしましょう。

この後に、いつもお使いの化粧水・乳液・クリームなどのアイテムでケアしていきます。

…スキンケアの前の”導入液”のような役割をしてくれるのが導入美容液のビューティーオープナー。いつものスキンケア化粧品の浸透力が違ってきます。

普段からスキンケアのなかに美容液を取り入れている人は、【ビューティーオープナー➡化粧水➡いつもの美容液➡乳液やクリーム】というように、その美容液もお使いください。

朝晩の1日2回のスキンケア時にお使いください。

ビューティーオープナーのより効果的な使い方

ビューティーオープナーは、いつものスキンケア以外の特別なケアの前に使うこともおすすめします。

例えば、エイジングケアや保湿などができる美容パックの前につけると、より成分が肌に浸透していくのを実感できます。

また、スチームの美顔器を使った後のケアにもおすすめです。ビューティーオープナーを塗ったあとは、いつもどうりのスキンケアで保湿していきましょう。

 ビューティーオープナーを使う上での注意点

ビューティーオープナーは浸透に優れた導入美容液ですので、必ず洗顔後やお風呂上がりの清潔な状態の肌につけるようにしてください。

汚れやメイクが残った状態で使用してしまうと、肌トラブルの原因となったしまうことがあります。

また、洗顔後やお風呂から上がった後、時間がたってしまうと肌が急激に乾燥してしまいます。

その状態で塗るとビューティーオープナーの浸透力が弱まってしまいますので、できるだけ早くつけるようにしましょう。