【ビューティーオープナーの成分】卵殻膜って卵アレルギーでも問題ない?

東京大学名誉教授 跡見順子先生×日本卵殻膜推進協会理事会理事 長谷部由紀夫氏×東京大学特任教授 加藤久典先生という、

国内最高峰の研究者が開発した”卵殻膜エキス”が95%という高濃度で入っているビューティーオープナー。

気になる卵殻膜エキスとは一体どういうものなのか、卵アレルギーでも肌につけて問題ないのか副作用はないのかなど詳しく調べていきましょう。

卵殻膜エキスってどんな成分?

成分表には「加水分解卵殻膜」と書かれていますが、これがビューティーオープナーのメインの成分となる卵殻膜エキスです。

鶏卵の殻と白身の間にある0.07mmの薄膜をアルカリによって加水分解して得られる淡黄色~褐色の水溶性粉末のことを言い、タンパク質をベースにアミノ酸などで作られています。

美肌に導いてくれると言われている卵殻膜エキスには様々なチカラが備わっていて、

Ⅲ型コラーゲンによる肌の若々しさと健康維持うるおいをしっかり与えることで叶えられる透明感、年齢肌に嬉しい内側から輝くようなハリとツヤ、すぐれた肌なじみキメを整えることによって得られる若々しいツヤ…といった作用が期待できます。

また、卵アレルギーのアレルゲンとなる卵白が含まれていないので、ビューティーオープナーは卵アレルギーを持っている人でもお使いいただけます。

ビューティーオープナーの全成分

ビューティーオープナーの全成分はこちらです。

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10・クエン酸Na・クエン酸

卵殻膜エキスの他にも、ヒアルロン酸Na・スクワランといった保湿力の高い成分が並びます。

ビューティーオープナーは副作用がある?

ビューティーオープナーには特に副作用が心配されるような成分は含まれておらず、敏感肌の人でも使用できるように低刺激性に作られています。

あえて挙げるなら、界面活性剤のオレイン酸ポリグリセリル-10は、アトピーの人は注意が必要かもしれませんが、油脂由来の成分で比較的安全性は高いでしょう。

BGは1,3‐ブチレングリコールのことを言い、保湿剤として使われたり防腐効果を高める働きもありますが、健康的な肌には大きな刺激もなく問題ありません。

ただし、体質によっては接触性皮膚炎というアレルギー症状が出る場合がありますので、肌に合わないときは使用を中止してください。