ビューティーオープナーのメリット・デメリット

卵殻膜エキスの導入美容液 ビューティーオープナーを使うことにあたっての、メリットとデメリットを紹介していきます。

購入前に改めて目を通してみて、じっくり検討してみてくださいね。

ビューティーオープナーのメリット

 

洗顔後に1~3滴を顔になじませるだけと、使い方が簡単。

いつものスキンケア化粧品を変える必要がない。

いつものスキンケア化粧品の効果をこれまで以上に実感できる。

乾燥・毛穴・ハリ不足・くすみ・気になる目元や口元…ほとんどの年齢肌の悩みを改善に導く。

導入液と美容液が一緒になっているから、他の美容液は特に必要ない。(併用も可)

定期コースでも継続の約束がなく、まずは低価格で試せる。(公式ページ)

…などなど、たくさんメリットが出てきました。

これまで使っていた化粧品をそのままお使いいただけますし、またこれまでよりも肌に浸透させることができるのがビューティーオープナーなのです。

ただの導入液とは違い、しっかりとエイジングケアができる美容液でもありますので、その他の美容液を購入するよりももしかしたらお得かもしれませんね。

公式ページの定期コースは継続の約束がなくとても親切ですので、この機会に卵殻膜エキスの力を1度試してみるのも良いかもしれません。

ビューティーオープナーのデメリット

 

りが独特だという口コミが多い。

エイジングケア化粧品だが、シミには効果がない。

スキンケアのステップがひとつ増える。

使い過ぎると1ヶ月もたないことがある。

デメリットとして、口コミに多く見られたのが香りのことでしした。

ローズマリー・レモングラス・ゼラニウムといった天然のエッセンシャルオイルの香りですが、少し香りが強いという声があり、普段 無香料のものなどを好む人は気になってしまう場合があるかもしれません。

ですが、中には「香りが良い」という人もいますので、好みが分かれると思って良いでしょう。

エイジングケア世代の肌悩みに多いシミを薄くする成分は入っていませんが、ビューティーオープナーは導入液の役目をしますので、その後につけるシミ専用のスキンケア化粧品をより肌に浸透させることはできます。

これまで美容液を使っていた人は、ビューティーオープナーだけで充分に美容液の役目も果たしてくれますので、スキンケアのステップを増やさずプラス・マイナス0にすることも可能ですよ。